肌のトラブルで最も相談が多いのがニキビです。大勢の女性が抱えているその悩みもスキンケア次第で解決できます。

  • ホーム
  • 思春期ニキビと大人ニキビ

思春期ニキビと大人ニキビ

顔の肌に気をする女性

思春期ニキビと大人ニキビには、さまざまな違いがあります。
まず違うのは、ニキビの原因です。
思春期ニキビは、10代の頃にできるもので、その原因は、皮脂分泌の過剰によるものです。
10代では、成長ホルモンが多く分泌され、皮脂腺を刺激するので皮脂が過剰になってしまうのです。
この皮脂が毛穴に詰まって、皮脂を栄養分としてアクネ菌が繁殖するので、ニキビが出来てしまいます。
対する大人ニキビは、20代以降にできるもので、原因はさまざまです。
睡眠不足や飲酒、ストレスなどが考えられます。
また肌が乾燥し、皮脂と水分のバランスのが乱れたり、肌のターンオーバーが遅れることによって角質が厚くなってしまうことも原因と言われています。
大人ニキビの場合は、年齢とともに落ち着いてくる思春期ニキビと違い、根本的な原因を除かないと治らないものです。
また、にきびのできる場所の違いもあります。
思春期ニキビは、皮脂分泌の多い額から鼻のTゾーンや頬などに現れます。
一方大人ニキビは、あごやフェイスラインのUゾーンに多く現れます。
改善方法にも違いがあります。
思春期ニキビでは、洗顔が基本です。
アクネ菌の増殖を防ぐ成分の入ったものなどの洗顔料を使って、やさしく丁寧に洗顔することが大切です。
大人ニキビの場合は、自分のニキビの原因を見極めて、ストレスのない生活や規則正しい生活を心がけることが重要になってきます。

サイト内検索
人気記事一覧