肌のトラブルで最も相談が多いのがニキビです。大勢の女性が抱えているその悩みもスキンケア次第で解決できます。

ニキビの原因を知る

顔の肌に心配する女性

大人になるとニキビがなかなか治らないなんてことありませんか。
10代の頃のニキビは過剰に分泌された油分が毛穴に詰まってできることが多いです。
そのため、肌を清潔に保つことでニキビを防ぐことができました。
しかし、大人ニキビの原因は古い角質の蓄積と肌の乾燥です。
大人になると肌のターンオーバーが遅くなり、角質が毛穴に詰まりやすくなります。
更に、ターンオーバーの遅れによって肌が乾燥しやすくなり、毛穴に詰まった角質を固くしてしまいます。
その毛穴にアクネ菌が繁殖して、ニキビとなるのです。
肌が固くなっているため、治りが遅くなるのは当然のことです。
良かれと思って必要以上に洗顔をすると、必要な皮脂が奪われてしまい、乾燥を招き、ニキビ治りにくくさせます。
肌のターンオーバーを遅くしてしまう原因としては、加齢もありますが日常生活にも大きく起因しています。
現代人の多くが抱えるストレスや睡眠不足、乱れた食生活などを見直すことで、女性ホルモンを整えることができます。
女性ホルモンが整うと、合わせて肌も健康になり、ニキビを防ぐことができるようになります。
このように大人ニキビの原因をなくすためには、簡単な方法はなく、日頃の自分の生活自体を見直す必要があることを覚えておきましょう。

サイト内検索
人気記事一覧